【黄金言葉】いつまでも あると思うな 親と財産

「いつまでも あると思うな 親と財産」

私のおばあちゃんが言っていった言葉です。

これは全てに共通する大切な言葉でして

この現象界において、全ての現象は変化をする。
という真実があります。

例えば、お母さんに反抗して

「うるせぇ!死んじまえっ!」

って言ってしまったとします。

そのお母さんが本当に
明日死んでしまったらどうですか?

人は毎日、そんなことをしているのです。

明日も、お母さんはあたりまえに
生きていると思っているし

全てがあたりまえに「ある」と思っている。

本当は、あたりまえなんて存在していなくて

全てが「おかげさま」であり「感謝」なのです。

だから、起こる出来事すべてに感謝しようよ。

同じ時間だよ。

同じ人生だよ。

愛の表現をしようよ。

愛を感じて生きようよ。

我々の最高の生き方は

毎日は最後の一日と思えばいいし

一番一緒にいたい人といて

一番やりたいことをやって

愛したい人を愛し

離れたい人と離れ

行きたい人と行きたいところに行き

尽くしたい人に尽くし

体験したいことを体験し

思うままに

できる限り好きなように生きればいい。

そうすれば、ものすごくシンプル。

いつまでも「ある」というものは

この地球には存在しません。

日々 変化をくりかえし

日々 創造と破壊の世界です。

私のおばあちゃんが言っていた

「いつまでも あると思うな 親と財産」

という言葉から「あたりまえ」という言葉を

手放すと「感謝」に変化する。

ということを学びました。

この言葉を何度も口に出して言ってみてください。

言っているうちに

心の奥のほうから なにか言葉が出てきます。

「ありがとう!」

ってね♪

ブログランキング参加中!
↓「いいね」と思ったら↓をクリックお願いします♪

にほんブログ村 住まいブログ 内装・クロス・床へ

©Copyright2020 沖縄ユーチューバーしげおやじ.All Rights Reserved.