【アウトドア】ロケットストーブ エコズーム【sigedojo】


あ、そうそう
3万円分のサバイバル本をゲットしました(笑)
わたすは壁紙クロス職人ですが
これから必ず来る世界的な
食糧難に向けてサバイバル知識を
勉強中でごじゃいます♪

壁紙クロス職人もやるかたわら
自然の中で食べ物を採取したり
栽培したり

そこらへんにあるモノで
生きていくスキルを勉強することにした。

そして、体験して覚えたスキルを
みなさんに発信していこうと
思います。

仕事があってお金を稼いでも
スーパーに食べ物が売ってないと
どうしようもないもんね。

まずは、生きていけるぐらいの
食糧があってからの
社会生活ですからね。

現在は世界的にステイホーム状態なので
世界中の農場で働く人や、その食糧を
加工したり、流通したりする人まで
お仕事ができない状態です。
仕事場に通勤できないので。

その影響で食料品関係は
どうなると思います?

ズバリ無くなります。

それで食糧難が必ず来ると
思っています。

だから、できるだけ各々の家族が
自給自足に近い状態になっていないと
食べものが無い状態になるはずです。
食糧のストックには限りがありますからね。

しかも、食糧だけでなく
石油やガスや電気水道にいたるまで
そこで働いている人達が
ステイホームしてしまうと
便利な文明までも供給が止まるよね。

それで金融が
世界恐慌というよりも
世界的な食糧難になり
世界飢餓状態になりえます。

これは私の個人的な
考え方ですよ。

私は学者では無いので
そうなるとはかぎりませんからね。

ただ、こういう状況だから
ついでにアウトドアを楽しんだり
自然と共に生きていく練習を
しようかな~って感じで

料理などを電気やガスを使用しないで
作って食べたりしてみたいなって
思いまして。

いままで便利な文明に依存しまくって
いたので、なんでもないようなことが
幸せだったと思いたいっつーのも
ありましてね(笑)

サバイバル知識として
火は必要です。

雨水を沸かして飲料水にしたり
料理に使用するのでね。

沖縄は暖房は必要ないかもしれませんが
寒い地方の方には暖房にもなるし
災害とかでライフラインがストップ
した時には、こういった
調理器具があれば家の近所の人達までの
食事を助けられるからね。

みんなで落ちてる木の枝とか集めてきて
みんなで山や海に行って食材を手に入れたら
たくさんの家族の料理を作れちゃう♪

それで、色々調べてみたら
ロケットストーブというものが
木の枝とかでボーボー燃やせるし
燃やす燃料も少なくて煙が少なくても
火力が最強らしいので
これをゲットする予定です。

↓ロケットストーブ「エコズーム」↓

ブログランキング参加中!
↓「いいね」と思ったら↓をクリックお願いします♪

にほんブログ村 住まいブログ 内装・クロス・床へ

にほんブログ村
↑↑↑クリックぷり~ず♪↑↑↑

©Copyright2020 沖縄ユーチューバーしげおやじ.All Rights Reserved.