【スピリチュアル】信じる事からはじめる

子供を信じている・・・
たとえ奥まで歯ブラシをぶっこまれても・・・
けっこうスリルありまっせ♪

スピリチュアルというか

考え方の話をしゅる。

自分を信じるということが大切なので。

自分を信じれないから子供のことを

心配してしまいます。

心配されている子供の内側では

「お母さん!自分を信じて!」

「お父さん!自分を信じて!」

という声が聞こえます。

心配は無駄な時間です。

読んで字のごとく、心を配ります。

ここで使用する心とは「気」のことで

気を使い続けるとエネルギーが

減って、つかれてしまいます。

自分を信じることができない理由は

ズバリ「劣等感※れっとうかん」です。

劣等感は人それぞれ違いますが

ほとんどが、自分の子供の頃に

作られまくります。

劣等感の一番の原因が

「人との比較」です。

親に「あなたはお姉ちゃんでしょ!」とか

「なんであんたはこうなの!」

と怒られたり

「あの子は勉強できるのにね」とか

とにかく、自分以外の誰かと比較された

ことを、人はいつまでも覚えています。

これだけではないが、ずっとネチネチと

覚えていることが劣等感のもとです。

この劣等感をなかなか ポイッ!って

捨てられないから自分のことを信じることが

できなくなるのです。

なぜなら 「心配」とは

自分を信じていないから

起こる現象のことだからね。

自分を信じている人は

子供のことを心配しません。

「お前なら大丈夫だよ。お母さんの子供だからね」

って、しれっと言えるのです。

心配だ 心配だと言いながら

子供を育てると、「心配呪い」を子供に

かけ続けているのと同じ事です。

自分は「まだ未熟でダメな人間です」

という、親に安心感を与えられないという

変な罪悪感も同時に発生します。

じゃあ、親に安心感を与えられる

人間になるには、どうしたらいいの?

子供の内側では考えます。

親がもっている劣等感を満たすことを

考えるのです。

それが、親が人と比較していることを

埋めれば、親は安心感をもつことが

できるのでは?

なんて考えます。

けなげでしょ?

こうやって、愛する親を

安心させたいから、お金持ちに

なるために努力をしたり

社会的成功者に成りたいと

本気で思います。

子供の頃に親に心配させた

罪悪感という重い荷物を背負って

成功者への道を歩むってさ

どれだけつらい人生なのさ!

そんな荷物さっさと捨てちゃって

お気軽な人生の旅に変えちゃおうや!

え?劣等感を捨てることが

今からでもできるの?

それが 

できるんですっ!!!

この高級ツボを買えばあなたの

抱えている劣等感や問題全てが

無くなります!!!

という話ではなくて(笑)

自分自身が「自分を信じる」

ことができれば全てがクリアになっていきます。

自分を信じるためには

練習として「比較※ひかく」を

やめてみる事です。

損か得かの損得勘定ではなくて

「自分の気持ち」で行動することです。

この2つをやってみてください。

やってみたらわかります。

自分がどれだけ比較と損得勘定で

行動してきたかが。

そして、気持ちで行動することが

どれだけ幸せな一日になるのかが

わかりますよ~

長い文章読んでくれてありがとうございました!

座りすぎてお尻に根っこ生えていませんか?

感謝です!

©Copyright2019 沖縄ユーチューバーしげおやじ.All Rights Reserved.